いとまのはなし。

大学4年生 21才 金儲け学部。「喧騒に暇を、退屈には毒を」「潔癖な感性で何ができる」

2018-03-20から1日間の記事一覧

梅酒のソーダ割り

雨が屋根をひっきりなしに叩いて、寂しさの音が途切れることなく鈍く鳴る。近くに誰もいないことよりも、壁の向こうから微かに聴こえる笑い声の方が、より強い孤独を感じさせることもきっとある。