はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生のクソ日記。

誰かのためって誰のため。

俺は俺のためだけに生きるし「他人のため」なんかクソくらえ、やけど、俺のためにしたことが、他の人の為になってるんなら素直に嬉しい。

 

他の人を喜ばせて、俺が満足したいから、他の人のためになんかする。結局自分のため。いっそ、そうやって割り切った方が、俺は過ごしやすい。

 

相手を怒らせたら悪い、じゃなくて、相手を怒らせたら自分にどういう影響があるか、を考えてみたりする。

相手が許してくれるかなって不安になったり、相手に許してもらうために話をしたりすること。そーゆーことが、俺にどーゆー風に影響するのか。

 

人の自分への気持ちに敏感(臆病)だから、なるべく人は怒らせたくないし、ギスギスもしたくない。怒らせたら凹むし、ギスギスしてたら居心地悪い。だから、悩むのに余計な時間を使ってしまう。それじゃ人生もったいない。

 

とりあえず、ふつーに生活できてるんなら、楽しく過ごしたい。それだけ。なんて甘っちょろいこと言ってられるのも、モラトリアムの今だけ。就職してからもユルく生きてろよおれ。今の彼女と仲良くやってろよ。