はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生のクソ日記。

あんたのことなんかどーでもええわ。

個性的なことをしようとすればするほど圧倒的な無個性が爆発するだけやから、個性うんぬんを意識して動くよりも、自分の好きなことを下手なりにでもやってたほうが、楽しく過ごせると思う。

 

結局、自分が幸せだと思えるならそれでいいじゃない。アフリカの子供が飢餓で苦しんでるのをなんとかしたいならなんとかすればいいし、生きてるだけで幸せってんならそれでいい。

 

なんかしなきゃいけない、なんてことは無くて、ただ、なんかしたほうがいい、ってだけ。

働かないといけないですか、

学校行かなきゃいけないですか、

どっちでもいい。好きにすればいい。どーでもいい。

 

ただ、生活するためには働いたほうがいいし、学校にも行ったほうがいいとは、思う。

 

しなきゃいけないとおもってるひとよ。

おれらなんかどうせその他大勢やから大丈夫。

あんたのことなんかみんな屁とも思ってない。

 

俺は、俺と俺から見える範囲の人が幸せだったら、それで十分でございますわ。

 

自分については、いまさら、自分に何かの才能なんか期待してない。何者かになろうなんて思ってない。でも、自分に絶望なんか死んでもしたくない。まだまだやれるし、幸せになってやるし、幸せでい続けてやる。満足なんかするわけあらへん。

てきとーに自分の思うままにやってる方が、なんかを意識するよりもかえって何者かになれる気もしてる。

 

やばい。気色悪い意識高い系みたいになってもーた。嫌やなぁ。でもなー、ここまで書いたしなー、もったいないからクソ日記更新しまーす。