はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生のクソ日記。

『絶体絶命/RADWIMPS』(2011) 今日のおすすめアルバム

解説とか良いからとにかく聞いてみて。をモットーに音楽紹介していきます。音 だから文字で伝えられる訳ねえ、と音楽レビューとか読んでいつも思ってます。だから、ここに書いてるのは俺の完全な主観的感想でしかないです。アルバムの選考基準は俺の気分です。
 まあ何せ、聞いてみいや。
 
『絶体絶命/RADWIMPS』(2011)

 

絶体絶命(初回生産限定仕様)

絶体絶命(初回生産限定仕様)

 

 

収録曲

  • DADA(dadadada Ver.) [3:50]
  • 透明人間18号 [4:25]
  • 君と羊と青 [2:42]
  • だいだらぼっち [6:03]
  • 学芸会 [4:36]
  • 狭心症 [6:50]
  • グラウンドゼロ [4:28]
  • π [3:22]
  • G行為 [4:02]
  • DUGOUT [4:22]
  • ものもらい [5:18]
  • 携帯電話(Cat Ver.) [4:25]
  • 億万笑者 [4:36]
  • 救世主 [6:21]
  • ツクツク法師 [9:09]
wikipedia兄さんより引用
 

 

 
 感想
 僕がRADを聴き始めるきっかけになった曲。はい、音楽通気取ってるけど、RADにハマったのは、2011年ごろからと割と遅めです。
 
頑張んないためにも頑張んないといけないなんてわかんない
仕方ないから頑張るけど、もういいどうにでもなれ
グラウンドゼロ

 

って歌詞なんの歌詞だっけ、って昨日あたり思って、今日思い出したから、このアルバムを聴いてた。
 所々に、ボーカルの野田洋次郎節の効いた捻くれた歌詞が入ってくるのが、良きでございます。
 個人的に好きなのは、『君と羊と青』『DUGOUT』。
 
 
動画
DADA
 

 

携帯電話

 
まあ、なんし聞いてみいや。損はしやんから。
以上。