はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生の日記。ほとんど独り語り。

革命はいつも

卒業式女子たちが泣いてた。

溢れた涙が頬を伝ってた。

拭えば拭うほど、

ただ泣けないやつが悪者みたいだ。

革命はいつも/My Hair is Bad