はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生のクソ日記。

要領

チャラい人って基本的に要領が良いのよね。大学で真面目に勉強したのになんで遊んでた奴らが先に就職を決めるんだ。みたいな話も結局そういう事で。要領の良さ、人の懐に入り込むうまさ、そういうものが社会に必要とされる能力の大きな位置を占めるからそういう結果になるんだと思う。そこで、大人はちゃんと見てくれないだとか、世間のせいにするんじゃなくて、そういう能力の高いチャラい人が世の中に必要とされんだろう。って納得して、俺に何が出来るかを考えなきゃなんないんだと思う。どんだけ文句を言ってもそう簡単に周りは変わってくれないよ。そして、チャラい人のような要領の良さは俺には無い。

だから、少しずつ少しずつ粘り強く進み続けるしか無いんだ。図太さも力強さも無いけれど、それでも細々とでも良いから、進み続けるんだ。そうすれば、そう遠くないうちに、力がついて、目の前の景色がパッと広がる。出来ることがいつの間にか多くなってる。出来ないことができるようになってる。そんな気がする。と言うよりは9割くらい確信してる。

少しずつ、真面目に、頑張ろう。俺のやり方はこう言うことなんだよ。頑張れ俺。