読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生の日記。音楽とか。好きな食べ物はきのこ、ほうれん草、肉。にゃあ。

いつかの曇り空。

雑記

気づけば甲子園で活躍する高校球児はみんな年下になってしまった。ただただ憧れていられた頃を懐かしく思うと同時に、大きな事を何ひとつ成し遂げられていない自分と比較して、同世代の活躍にひたすら嫉妬する。

自分はこんなもんじゃない、本気を出せばもっとできる。などという根拠のない自信と拙いプライドも活躍する同世代との歴然とした才能と努力の差を感じ、もろくも崩れ去る。

自分は負けず嫌いだと思ってこれまで過ごしてきたけれど、これは嫉妬以外の何物でもない。最近、そう気づいてしまった。認めたくなかっただけなのかも知れないけれど。きっとそうなんだろう。

負けず嫌いと嫉妬は自分より優れた相手を目の前にして抱く感情だという点では同じだけれど、両者には明確な違いがあって、前者は建設的な行動を伴うが、後者にはそれが伴わない。

あくまで自分は負けず嫌いである。そう言い聞かせてこれまでやってきた。だけど、同級生が自分より良い大学に行っても、そいつが自分より有能である事を認められない。浪人していた同級生が自分では手も足もないような大学進学して、妬ましく思う。自分は自分の道を進んだ。自分なりに出来得る最高の努力はしたつもりだけれど、他人のした努力を自分は体験していない。他人の結果だけをうらやんでいる。結局、自分は嫉妬心の塊である。それに気付いてしまうとやはり少し辛い。

妬ましいと思う気持ちを行動に移せれば、その気持ちは、自分にとってこれ以上ない最高のガソリンになり得る。負けず嫌いは最強だ。天才になれないのならば、現状に満足していないのならば、うらやみ、妬むだけではなくて、せめて、負けず嫌いではいたいと思う。

 

だから、行動がしたい。一度動いてしまえば、俺にはなんだってできる。そんな気がする。

だけど、一生行動できない。俺には何もできない。何者にもなれない。そんな気もする。

 

こんな風に、分かりやすく若者特有のアンビバレントな感情を抱いている自分の無個性さに悲観的になったり、安心したりもする。

それでもやっぱり、周りと同じでは満足できない。俺はまだまだこんなもんじゃあない。

 

僕はまだまだやれるのさ、やれるのさ。

それはまるで、自らに祈るようで。

曇り空 - The SALOVERS

 

他人の行動に口出しするのは自分の人生に満足いっていないからだ。

失格人間ハイジ

 

体調が悪いのにもかかわらず、全く眠れず、頭がぐるぐるしてしまったから、ぬいた。それでも眠れないから勢いでこれを書いた。おかげで少し眠くなってきたから、寝る。おやすみなさい。