読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生の日記。ほとんど独り語り。

米津玄師『orion』感想・レビュー-The Chainsmokersのパクリ?-

はじめに

どうも、はやてと申します。

 

今日、2/16。米津玄師の最新シングル『orion』が発売されましたね。

表題曲の『orion』カップリングとして『翡翠の狼』、『ララバイさよなら』の2曲、この3曲が収録されています。

 

今回はこの米津玄師の最新シングルの表題曲『orion』を聴いた感想を書いていきたいと思います。

*青い字はyoutubeのリンクなんでぜひ聴いてみてください。

 

目次

 

 

米津玄師と洋楽の影響

『orion』は、先行してYoutubeMVが公開されていたのですが、最初に聞いた時、思わず笑ってしまいました。

 

そのイントロがThe Chainsmokersの『Closer』そのままだったからです。

 

 

めちゃくちゃ似てる!って気づいた人も大勢いたとは思うのですが、僕が見る限りそこまでYoutubeのコメント欄で言及されてなかったと思います。

外国の方が「なんで『Closer』が流れてるの?」とコメントしてたくらい。

 

まあ、バンドをやってるわけでもない素人の僕がこうやって記事を書いてしまうくらいには似ています。それでも、米津さんもプロのミュージシャンである以上、ここまで原曲に近い音を使うのには何か意図があるはずで、これをパクりだなんだと騒ぎ立てるのは思考が短絡的すぎるなあと思ったので、今回はパクりではなくオマージュと言いたいと思います。

 

最近の米津さんの曲には洋楽アーティストのオマージュと思われる曲はいくつかあって、『orion』もその中の一曲です。

 

オマージュの例

『アンビリーバーズ』Coldplay っぽい。例えば『Paradise』とか。

youtu.be

『フローライト』はThe 1975の『Girls』 を意識していそうだし、

youtu.be

 

『Loser』はEd Shearanの『You Need Me, But I Don't Need You』に似ています。

youtu.be

 

ちなみに、米津さん自身のinstagramには、Summer SonicでThe 1975が来日したときに撮ったボーカルのMatthew Healyとのツーショットが載ってるくらいなんで、少なくともThe 1975の影響は間違いないと思います。

www.instagram.com

 

また、『orion』のインタビューでは米津さん自身も洋楽への関心については言及していました。さすがに曲名までは出していませんでしたが、このインタビュアーの方も僕と同じようなことを言いたかったんだろうなーとかかってに思っています。 

realsound.jp

 

 

こんな風に、最近の米津さんは洋楽を意識して作曲をしていると思われます。

 

ですが、素人の僕ですらわかるくらい洋楽を意識してサンプリングしているといっていいほどに似せているにもかかわらず、曲のオリジナリティーを保っているのが米津さんのすごいところだと思います。

 

おわりに

個人的に米津玄師は最近のアーティストの中でも飛び抜けた才能を持っているアーティストだと思っていて、僕はその一度聴いたら忘れない耳なじみの良い、それでいて独特なメロディの虜です。

 

米津玄師の次の曲が今から楽しみでなりません。

それでは。

 

 

 

こんなのも書いてます。

読んでいただけるとうれしいです。

hayateyana.hateblo.jp

 

hayateyana.hateblo.jp

 

 

洋楽関連だとこんなのも

 

hayateyana.hateblo.jp