はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生の日記。ほとんど独り語り。

ブラックバイト塾講師。

大学生バイトの代表格として挙がる塾講師。そんな塾講師はブラックバイトの典型例だとも言われていますね。僕は、大学に入ってからの一年間、この塾講師バイトをやっていました。

 

うん、実際、ブラックよ?

 

塾の事は大好きです。大好きなんです。でもねー、それとこれとはまた別。アルバイトとして、塾講は、ブラックと言わざるを得ない。

その理由と原因について、塾講一年やってきた経験の中で考えてみました。 

 

アルバイトとは、

1週間の所定労働時間が同じ事業所の通常の労働者(正社員)よりも短いもの、又はその事業所の一般労働者と1日の所定労働時間が同じでも1週の所定労働日数が少ない者

 

法律的にはこういうことみたいですが、一般的に言うと、アルバイトは時間給で働く、誰にでもできる仕事をする労働者だと思います。雇われる側はいつでも辞められるし、企業側も基本的に採用したうちの何人かが辞める前提で雇用している。そう言う雇用形態。

 

なので、企業は普通、大きな責任の生まれるような仕事は、正社員に任せます。そして、正社員は安定した収入を得る代わりに責任を負います。

 

それに対して、アルバイトは、働いた時間に対する報酬を得る短期間契約なので、正社員ほどの責任はありませんし、負えません。

それに、短期間契約ですぐ辞めちゃうということは、職能が身につきにくいってことでもあります。そして、職能が身につきにくいということは、つまり、その道のプロフェッショナルじゃないってことでもあります。

例えば、日本が誇る大企業トヨタが、アルバイトを取引先との大事な会議に行かせますか?って話。あり得ない。

 

そんなあり得ない状況が起こっているのが、塾です。

 

詳しく説明します。

まず、個別指導塾の顧客は塾に来る生徒とその保護者です。費用を負担するのは保護者ですが、授業というサービスを受けるのは生徒自身。

そして、形式上、生徒の成績に対して責任を負うのは正社員である教室責任者です。

ですが、あくまで、形式上のお話。

実際に授業サービスを行う講師はほとんどアルバイトです。

つまり、授業に対する一次的な責任を負うのはアルバイト講師なんです。正社員が負うのは、授業を行う講師のマネジメントと言うあくまで二次的な責任です。

 

明らかにアルバイト講師の責任が大きすぎる。

 

それでも生徒とその保護者からは、必ず成績を上げるよう要求される。塾に金払って子供行かせたんだから成績上げろっていう、この要求は至極真っ当なもので、否定はできませんよね?ここに要求と責任との差が生まれます。

 

そして、その要求と責任との差は、アルバイト講師からの搾取によって埋められる。

 

アルバイト講師は生徒の成績を上げるために授業の質を高めなければならない。授業の質を高めるには、勤務時間外に授業の予習をしなければならないかもしれない。

また、授業内容を保護者に報告する書類を書かなければならない塾もあり、その書類を授業時間中に書き切らなくてはならない。しかし、授業中にそのための時間的余裕は、ない。

もし、書く時間を取れば、授業の質が下がってしまう。こうして、報告は勤務時間外に書かざるを得なくなる。

 

そして、これらの勤務時間外の作業がアルバイト講師を疲弊させます。そして、辞めていく。

 

『生徒のため。』これは、教育者にとっては常に目標とすべき考え方だと思いますが、塾において、この言葉は、アルバイト講師の労働力の搾取を正当化する魔法の言葉でしかありません。

 

また、学生のうちから責任を負う事で成長することができる。と言うのも、塾本社側からのありがたいお言葉の一つです。

でもね、たしかに、インターンとか大人相手の商売をすることで、責任感を養うのは問題ないと思いますが、塾講師が直接相手するのは、大人ではなくて、子供です。

まだ判断能力の乏しい子供相手に、教育のプロではない、そこらの大学生アルバイトをあてがっているんですよ?ふつーに危なくないですか?

 

何かと理由をつけて、搾取を正当化する。これってもう完全にブラック企業の考え方ですよね。

 

結局、生徒と保護者からの要求とアルバイトの責任との差を搾取だと思わず、本当に『生徒のため』だと思って行動できる人が、塾講師に向いていると思います。

 

生徒と話すのは楽しいし、声を出してると凹んでても、気分も良くなってきます。また、生徒の成績が上がったり、志望校に合格したりした時の喜びは言葉になりません。担当生徒の合格を聞いた時は思わず泣きそうになりました。

 

それでも、やっぱり、構造上、塾講師はブラックバイトで、個別指導塾業界は、すごく危ないバランスでギリギリ成り立っているように思います。

 

 

深夜テンションで書いたのでそのうち書き直します。今までで一番長く書いた。

今すぐプログラミングを始めるべき理由。なんてバカじゃねえの?

今すぐにプログラミングを始めるべき理由。

みたいな記事がネット上で出回ってるけど、俺は全く信じてないって話。

後はビックデータとデータマイニングも。

 

プログラミングは俺みたいないち大学生でも知っているような技術に成り下がっていて、しかも、それを教える教室まであるような、そういうスキルに成り下がってしまっている。

こんな状態になっている以上、これから数年、少なくとも短いうちにコモディティ化するのは目に見えている。てか、すでになってるでしょ。誰でもできる技術、それができるだけでは、他との差を生み出せなくなる。

そもそも、ブログを見て始めてみました。みたいなうっすい知識で、プログラミングを大学や大学院で学んだような専門家に、太刀打ちできるわけがない。

だから、今すぐプログラミング始めるべき。みたいな記事に騙されて、プログラミング教室とかに申し込んじゃあ、やーよ。

ワタシも大学入りたての頃は騙されかけたの。やーよ。

あとは、データマイニングに関しても同じことが言えると思う。アメリカあたりの偉い人が21世紀最もセクシーな仕事はデータサイエンティストである。とか言ってたみたいだけど、やっぱり、プログラミングと同じ理由で、つまり、大学1年生風情でも知っているような技術に他との差を生み出せるような価値はもうない。

本当に価値があるのは、誰も知らないこと誰も気づかないことをすることだと思う。

つまり、世間で、もてはやされてきた時点で、それで莫大な利益を得ようとしても、もう手遅れなんだと思う。もてはやされているということは、もてはやしている側が何らかの利益を得ていると考えるのが妥当で。ということは、もうその時点で、あなたは、ビジネスの標的になってしまってる。プログラミング教室とかね。やーよ。

 

だから、いまさら、プログラミングだのデータマイニングだのの技術に飛びついてるようじゃあ、もう手遅れだよってこと。

 

資格に関してもみんな知ってるような資格じゃあ、他との差は大して出ないんだろうなあ。まあ、努力の結果としては見てもらえるだろうけれど。

 

他と違うことをして目立ちたいなら、まだ誰もやってないような、誰も想像したことないようなことをするべきなんだと思う。けど、まあ、俺にはそこまでの力量はないし、それなりに幸せに生きて行けりゃいいと思ってるので、お好きにどーぞ。

時間当たりの効率上げて、自由な時間は増やしたいから、学生時代にゼンマイはまいとくの。

 

タイトルは少しあおってみた。読んでくれた人、ごめんよ、大したことは言ってないの。

革命はいつも

逆らいたいなんて思わない。

革命が起きてスペードの3が死ぬだけ。

ブラックコーヒーとビーカーと居残り。

第2理科室で僕は悪魔に猛反抗期へ。

ケッコン。

付き合って1年半ほどになる。年齢等の兼ね合いもあるのだろうけれど、おそらく、社会人だと、結婚を考え始める時期だろう。でも、今、俺たちは学生で、自分自身だけで責任を背負えない。負えるようになるには少なくとも、丸3年かかる。

今は2人で行く旅行も親に内緒だ。学生、責任は取れないのだ。

 

大学を卒業した後、自分は、どうなっているんだろう。何が変わっているのだろう。何も変わっていないかもしれない。どんな会社に就職しているのかもわからないし、どこに住んでるのかも分からない。元気でいるか?未来の俺。死ぬなよ。

 

今の恋人が、本当に大好きだ。一緒にいたいと思う。これからの人生そばにいてほしいとも思う。思うんだ。

 

それでも、永遠って、簡単に、口にできるほど、軽い言葉じゃない。今すぐに行動に移せない、責任の取れないような、言葉だけの永遠なんて、口に出した途端に、嘘っぽくなってしまう。

 

ケッコンなんて言葉、俺もあいつも口には出さないくせに、出せないくせに、二人で暮らす『未来』の話はしてしまう。

その『未来』が鮮明に思い描けてしまうから、卒業までの若者にとっては長い月日と、それに伴う二人の関係の変化が怖い。今のままの2人なら上手くやっていける、気がする。

 

 

 

   仕事の休みが重なった日の朝、目を覚ますと、まだ君は横で寝ている。今後何千回と見る、口を開けて寝ている姿を横に、僕は、布団から出る。朝食の準備を終え、君を起こしに布団に戻ると、君はまだ口を開けたまんまだ。何度声をかけても、体を揺すっても、君は、目を開けては閉じて、いつまでも布団の誘惑から逃れられない。

『先、食べとく。』

と声をかけ、僕は先に朝食をとる。

  とりあえず、テレビをつけて、その日のためにSNSも開かないで残しておいたプレミアリーグの試合を見始める。結果を知らないで見る試合が一番なのだ。

  今年の3月から俺が一人暮らしを始めた。すると、君はよく泊まりに来るようになって、結局今は一緒に住んでるようなもんだ。高校時代に君の親友が言ってた、同棲すればいいのに。ってセリフ、当時は、それはないなぁ、なんて2人で言ってたけど、今となってはその通りになってる。やっぱり、君の親友はあなどれんな。今も時々、飲みにいったりしているみたいだ。

  試合の後半も半分ほどが過ぎた頃、『昨日、コンタクト外し忘れた。』なんて言いながら、君が布団から出てくる。

『目パシパシやな。』

『うん。』

『パン焼いといたからそこにあるのん食べ。』『うん。』

『起きてる?』

『うん。』

なんて、一連の会話をしつつ、君が朝食をとっているのを見て、僕は幸せだと思う。ホイッスルとともに試合が終わった。僕は携帯を触り始める。

『昨日、ゆーたやつ、やっといてくれた?』

ふと、君がいう。

『何のこと?』

『いや、ゴミ出しやんか。』

『あ。』

『もー、こないだも忘れてたやん。』

『ごめんやん。パン焼いたんで許して。』

『もー、しゃーなしやで?』

『あざす。』

  こんな日曜日の朝。

  このあと2人で二度寝して、ピクニックに行くために、乗る予定だった電車に乗れず、2人してめんどくさくなって、結局、家でゴロゴロするのだろう。

 

 

 

2021年3月末。今から4年後のことを妄想して見た。多分、新卒1年目で一人暮らしは始められない。現実的に考えて、一人暮らしは4年後だろう。

永遠なんて、言葉にできないくせに、こと妄想に関しては、現実性まで考えてしてしまう。

今書いたみたいな、だらしのない2人の生活がいつかくればいいな、なんて、思ってる。これが俺の幸せだと思う。でもね、これ以上は、ごめんよ、今は、言わないでおく。

本能、煩悩、近藤む。

あああああああ、本が読みたい。もっと遊びたい。簿記の資格が欲しい。免許が欲しい。バイトがしたい。バンドがしたい。留学したい。金が欲しい。寝たい。休みたい。シたいヤリたい。時間が足りない。

時間を切り詰めて切り詰めてやっと、やっと、全部できる。それは、嫌だ。ゆっくりしたい。のんびりしたい。ゆったりしたい。まったりしたい。ヤリたい。でも、本も読みたい。賢くなりたい。強くなりたい。んんんんん、時間が足んねえ。気がするだけ。

いくら時間があったところでやりたい事は全部できないし、もっともっと時間が欲しくなるだけ。だから、今の自分がやりたいと思う事、感覚に素直に従って生きてみる。頭でごちゃごちゃ考えたところで俺も結局動物だ。本能、感覚が1番なのだ。頭でっかちになりがちだから、少しずつでもいいから、素直にやってみる。

ああ、本が読みたいなあ。何よりも、教習がめんどくせえなあ。ヤリたい。嫌ならヒニンしましょう。

信頼について。

信頼と煩わしさは地続きなのかな。信頼してくれている人がいる。とても、丁寧に、申し訳ないくらいに、面倒を見てくれている。それに対して、ぼくは、煩わしさを、感じている。相手が自分のことを思ってくれているのは分かる。痛いくらいに感じてる。ありがたいとも、思う。本当に。だけど、心のどこかで、これくらいいいじゃないか。もう、ほっといてくれよ。もっと、楽しい話だけして、笑ってりゃあいいじゃないか。そんな気持ちがでてくる。でも、実際に、放って置かれると、どうしようもなく寂しくなるんだろうな。悲しくなって、後悔するんだろうな。相手の気持ちには敏感な方だと思う。相手の気持ちに素直に応えられる人になりたい。おれは、素直に、その人に、喜んでほしいと思って行動できてるのかな。自分がどう思われるか、自分が不利にならないか、そんなことばかり考えて行動してしまっている気がする。別にそれが悪いとも思わない。思わないけど、信頼されている以上、期待されている以上、それに応えたいっていう素直な気持ちも心の深いとこにある。その行動が取れない、めんどくせえなんて考えてる自分を、変えたい。

キモい

きのうはですます調で書いてみた。読み返してみると、なんか、キモい。もともと、他人に向けて書いたものでもないから、敬語なんて使う必要もなかった。なんだろう、この読む人にとって有益でもなんでもないことなのにこれ見よがしにドヤッて書いてる感。あーだめだ気持ち悪りい。これこれを目標にします!つったところで、匿名の相手の目標に興味がある人なんているわけないじゃあないか。知ったこっちゃあねえわい。勝手にやってろ。誰かに、どこかに発表しないと行動できないのか?

ほとんど推敲もせず、書いたままで公開してる。リアルのツイッターよりも更新頻度が高くなってきた。思うままに書いて書いて書いて、思考の縄を引きちぎりたい。思考の深みが欲しい。まだまだ浅い。うわべだけじゃないか。虚勢を張って、難しいことばを使ったところで、バカを露呈するだけ。簡単な言葉で難しいことを言うのが一番すごい。んー、なんだろう、深みにハマりたい。そんな気分なのだ。

 

読んでくれてる人ありがとうございます。