読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやてのぶろぐやな。

関西在住の大学生の日記。ほとんど独り語り。

企業はブラックを通り越すと透明になるらしい。

うちの父親は、1ヶ月に1回休みがあればいい方だ。休みがない時もある。小さいころ、休日に家にいた記憶はほとんどないし、今もほぼいない。正月なんて年を一緒に越した事は一度もない。

朝出て行く時間は12時の日もあれば、6時半の時もある。帰って来るのは決まって、0〜2時くらいの間。だから、単身赴任しているわけでもないのに、父親と1週間顔を合わさないこともざらにある。

そんな、いわゆるブラックな働き方をしている父だが、一度も仕事を辞めたいと言った事はない。辛いという言葉も聞いたことがない。

 

父曰く、

『正直、労基法?何それ?って感じ。世に言うブラック企業なんて、通り越してると思うよ。(笑)俺らは、個人個人が会社みたいなもんで、自分で何か価値を生み出さないと、お金をもらえない。そういう環境で働いてるし、そもそも、仕事ってそういう事だと思う。んで、こういうことに納得した人たちで一緒に頑張りましょう。ってのがうちの会社の考え方。

こないだ学生が最低賃金を1500円に上げろとかってデモをしてたけど、そんなことを言えるのは、お金をもらって当たり前だと思ってるから。自分の労働一時間に1500円の価値があると思うんなら、バイトなんかせずに自分で1500円稼げばいい話でしょ?

んで、最近の電通の問題って、労基法がどうだとってばっかり言ってるけど、本質はそこじゃないと思う。

そもそも、労基法って弱者を守るためにできた法律で、あの亡くなった子は実際にいってしまうと本当に弱者なのかな?

東大出て、あんだけ美人さんで、しかも電通にまで入った子だから、電通を辞めても引く手数多だったと思うよ?

それに、電通の人たちも本当に文字通り死ぬ気で働いてたと思う。その中で、亡くなった子が実際、求められてるようなレベルになかったんだと思う。

だからと言って、死んでもいい理由になんかはならないし、死んでもいい理由なんか絶対にない。

なら、何が問題かって、周りにちゃんとした「大人」がいなかったんだろうなって。

本当に死んじゃうくらいに悩んでたときに、「死にたいくらい悩んでんなら、仕事を辞めろ。」そう本気で言ってあげられる「大人」、そうじゃなくて友達でもいいよ。そういう人がいればあの子は死なずに済んだんじゃないかなって俺は思うの。

自分が苦しい時に助けてくれるのは周りの人だよ。だから、お前も周りの人を大切にしろよ。』

 

長時間労働が良いとは思わないけど、父の意見にはすごく共感する。

 

いろんな人いろんな考え方があって、その中で何を正しいとするかは、自分で決めなきゃなんないんだと思う。

 

『ちなみにさ、ブラックを通り越してるって言ってたけど、親父の会社は何色なの?』

『うーん、透明。』

『なんで?』

『いや、なんとなく。』

 

*この話はフィクションかもしれません。

ごまかし

死にたい。死なないけど。

ぐるぐるもんもんだ。あとちょっとムラムラ。

 

本当に好きなのかな、なんてずっと考えてるけど、なんやかんやで多分好きなんだろう。

寝ても覚めても。とまではいかないけど、1日の割と長い時間あなたの事を考えてるよ。

してやったりでしょ?そう、あなたの作戦にまんまとハマってるの。あなたのことばかり考えている。

いやな事があると浮かぶのはあなたの顔です。写真を見ても一番初めに探してしまうのはあなたの顔です。朝起きて隣にいてくれればいいと思うのもあなたです。わりと俺の頭はあなた出て来てるみたい。一瞬だけでも忘れようと思ってAV見てんのに、あなたの事を思い出すってこということですか?

 

あなたは僕がいなくても楽しくやってるみたいですね。でも、俺がツイートしないの不安でしょう?お気に入りすらも付けてないって心配してんでしょ?心配しててよ。

 

君は俺が身体目当てとしか思えないなんて言ったけど、多分あってる。でも半分以下。身体目当てならこの寂しさはどう説明すればいいですか?

距離を置こうなんて言って俺があなたの事を考える時間をあなたは作った。あなたの作戦にまんまとハマってるの。あなたのことばかり考えてるの。どうしたら仲直り出来るんだろうか。もうできないかもしれないな。そんな事を考えながら、夜な夜なそこそこにしか眠れない日々を過ごしています。

 

だから、ツイートで、僕にとどめを刺さないで。しんじゃうよ。

 

読み返してみたけど、これ気色悪いポエムですね。こんな事を書く奴は死ねばいい。

 

助けて下さい。

RADWIMPS HUMAN BLOOM TOURのMCとか。 (セットリスト付き)

この間、ラッドのライブに行った。思い出せる限りでMCや曲を書いてみる。

 

『Lights go out』からライブが始まる。光の壁の向こうで洋次郎がが歌い始める。壁が降りると夢灯籠が始まった。その後は『光』、『AADAAKOODAA』、『05410-(ん)』、とアップテンポな曲が続く。

洋次郎がピアノの前に移るとジャズ風の演奏が始まり、『アイアンバイブル』へと繋がる。

『アメノヒニキク』、『トアルハルノヒ』、『O&O』、『bring in the morning』、『三葉のテーマ』、『スパークル』と続く。

 

ここで桑と武田のMCが入る。ラーメンを食べた話とか瑞樹君イジリとか。桑は、『熱いライブを自分のトークで冷まします!』なんて言ってて、面白かった。

 

その間、洋次郎は舞台袖へ。

モニターの調子が悪かったらしく、途中まで自分の声が聞こえず、洋次郎あんまし乗り切れてなかったみたい。

 

『なんかね、自分の声があんま聞こえなくて、ワンワン言ってんの。みんな俺の声聞こえてる?ああ、聞こえてんのか。聞こえてんならいいや。良かったぁ。なんかさ、自分の声聞こえないから、途中からみんなの声聞いて歌おうと思って、ずっとみんなの声聞いてたの。まだまだ歌っていい?次からはちょっと激しめだよ。』

 

 桑も、『洋次郎の歌い方が変わったり、本当におんなじバンド?って思うかもしれないけど、ついてきて!いくぞ!』って観客を盛り上げる。

 

そうして始まったのは、『DADA』。その後は『おしゃかしゃま』、『ます。』、『君と羊と青』、と激しめな曲で畳み掛ける。

 

『ちょっとね、さっきまで凹んでたの。もっともっとちゃんとしたものを届けられるのになあ、なんて思ってモヤモヤしちゃってた。でもね、みんなのお陰で、今日楽しいよ。みんなから受け取ってばっかだから、いっつもみんなに返そうと思ってライブしに来んの。そしたら、うちらが返すよりももっといっぱいみんなからもらっちゃう。借金返しに来てんのに、また借りて帰ってる感じ。また来るよ。いつもありがとね。』

 

激しめパートの最後を飾ったのは、『前前前世』。

 

『いつもこの曲をやる時、ラッドの曲がないみたいだったんだよね。でも今日、初めて、あ、ラッドの曲だ。って思えた。ありがと。』と洋次郎。

 

本編のラストを飾ったのは、告白。

 

 

アンコール

前方のステージではなく、後方の特設ステージから洋次郎が1人で出てきた。

『さて、と、何やろうかなー。』と洋次郎。

関西のノリ。みんな歌って欲しい曲を叫びまくる。

『いや、待って?リクエスト受け付けてないよ?笑。おい、お前、4回目だぞ笑。3回無視したぞ?俺。しつこい男はモテねえぞ?って、隣に彼女といんじゃん!!え?結婚したの?なんか、すみませんでした。。。えー、じゃあ期待に応えるしかないじゃん。もー、歌詞間違えても知らないよ?ミュージシャンって以外と自分の曲覚えてないのよ?もー、分かったよー。やるよー。じゃあ、ふたりごと。』

 

ギターだけでの弾き語り。終盤の観客の合唱が綺麗だった。ふたりごとが終わると、

 

『あー、今日イチ緊張したぁ。結構良かったんじゃない?もう絶対リクエスト受け付けない。。。!誰だ!さっきからトレモロって言ってんの。何?結婚したの?してないでしょ?なんでトレモロやって欲しいの?聞きたいだけでしょ?』

(聞きたいだけー!!!)

『いや、お前マジか笑。えー、みんな良いの?あいつのリクエスト答えちゃうけど。本当にいいの?じゃあ、やるね?』

 

トレモロはピアノバージョンだった。今回のライブで一番良かった。良すぎてみんな曲が終わっても拍手も忘れて静まり返ってた。そしたら、洋次郎が、『いや、お前ら歌わせといて拍手もないんかい!』なんて言って笑いを取ってた。

 

ここまでは洋次郎1人の弾き語り。この後は桑と武田が出てきて、弦楽器だけで『いいんですか?』

3人とも移動してステージ戻ると、ドラムの2人も準備していた。

『いいんですか?』の次には『なんでもないや』。この曲も、『前前前世』と同じく君の名は。の曲だけど、この曲は、ラッドの曲だ。そんな事を思った。

『歌える人は一緒に歌って下さい。』洋次郎がそう言って、始まったのは、『有心論』。やっぱりこの曲はかっこ良かった。

 

『幸せでいろよ!死ぬなよ!』

 

そう言い残して、RADのライブは終わった。

 

セットリスト

1.Lights go out

2.夢灯寵

3.光

4.AADAAKOODAA

5.05410-(ん)

6.アイアンバイブル

7.0&0

8.アメノヒニキク

9.トアルハルノヒ

10.棒人間

11.Bring me the morning

12.三葉のテーマ  

13.スパークル

14.DADA

15.セツナレンサ

16.おしゃかしゃま

17.ます。

18.君と羊と青

19.前前前世

20.告白

 

アンコール
21.ふたりごと

22.トレモ口

23.いいんですか?

24.なんでもないや

25.有心論

 

ぬはー。

失恋を疑似体験というか、はたまた、疑似でもないのか、それはあと1ヶ月しなきゃ分からないのだけれど。彼女と次に会うのは1ヶ月後。それまでは会わないし連絡も取らない。まあとにかく、1年半ぶりに1人になってしまいました。

 

信じられるものがあるという事は、自信にも甘えにも繋がっていて、1人になってしまってる今は何をやるにも少し臆病になる。それでも、色々なことを自分自身でなんとかやってかなきゃいけないっていう変な気分。

もともとは不満を溜め込みやすいたちだった。友達も多くないから、不満を吐き出す場所も少ない。そんなことを久しぶりに思い出す。

 

隣に誰かが居てくれないと、上手くストレスに対処できない。でも、あまりに周りに人が多いと、それはそれで逆にストレスの原因になる。ややこしいなぁ。

 

すーぱーのゔぁ

There is nothing I can do as well but to dream her all the time. I'm fuckup and I'm nuts so she's gone. 

彼女が振り向いてくれるのを夢みることしか俺にできる事はないんだ。オレがバカでちっぽけだから彼女はどっかに行っちまったんだ。

Supernova-ELLEGARDEN

 

いつも元気がない。

ホテル行く時だけ元気。

もっと引っ張って?

人生で1番楽しいこの時期を君と過ごそうとは今は思えない。

1ヶ月距離を置きたい。連絡もして来ないで。

 

一昨日、バイト帰りの電話。ボロ泣き、15分。発端は俺のバカみたいな行い。

家に泣き顔では入れないから、無理やり泣き止んで『目痒いわ〜』なんて言いながら帰った。おかげで、泣くタイミングを失って泣くに泣けない。泣けなさすぎて逆に笑えてくる。まだ幸い別れたわけではないが、半殺し常態。でも、慰められたいと言うよりは、今はとりあえずとことん罵って欲しい。

 

失恋ソングばかり聴いていてsupernovaに行き着いた。そしたら、サビの最後の歌詞を聴いて、やっと、泣きそうになった。

俺がバカでどうしようもないから彼女は離れた。それだけ。

大学構内泣けるわけない。それだけ。

クソくらえ。

2年生になってしまった。分からない、で大体のことはなんとかなった1年は終わってしまった。甘えてもいられなくなってくる。まだ学生なので、甘々の甘ちゃんでまだいられるけどね。いつまでもそうしてはいられない。

 

大学では新入生が群れを作ってる。中途半端な髪色、駅前では不安そうにあたりを見回してる。ラインで『今どこいる?』『今電車ついた!』みたいな会話をしてるんだろうな。懐かしいとともに、痛々しくて、見てて少し胸が苦しくなる。大丈夫、そんな心配しなくたって、そのうち君らも大学生に成れる慣れる。なんてお節介にも言ってやりたくなる。

周りに乗り遅れないようにと友達作りに必死で、まだ私服で登校するのにも慣れてない。

俺も去年はあんな感じだったのかなーなんて思って、この一年で俺はどんくらい変わったのかなーなんて事も考えてみたりする。変わった事もあるし変わんない事もある。

 

なんか、ふと、高校時代を思い出した。

もともと、学校があんまり好きじゃなかった。嫌い、まではいかなかったんだろうけど、でも嫌い寄りではあった。

みんなで仲良く何かやりましょうって雰囲気がダメで、みんなが頑張ってると急にやる気を失ってしまう。

文化祭とかの朝練、居残り練習はほんっとに嫌だった。クラスで浮きたくないから行ったけど。

文化祭当日だって、出し物を一緒に回る約束をしてる友達もいなくて、さっさと帰りたかった。友達がいなかったわけじゃあないけど、友達には、俺より仲のいい友達がいつもいた。

運動会はぼっちが嫌だったからなんか、忙しそうな役職を引き受けて、ずっとその仕事をしてた。その方が、クラスメイトと気を使って話すより楽だった。

毎日の昼休みは辛かった。誰かと一緒に食べないといけない雰囲気があるから、なんとか一緒に居られるやつを探した。なんとか見つけたけど、向こうもただ、1人になりたくないだけだったから、一緒に食べててもほとんど口も聞かなかった。俺は、あいつの事が、すごく嫌いだった。

教室で一言も喋らず1日が終わる事もざらにあって、いくら1人が好きとはいえ、流石に病んでくる。その点、放課後に部活があったのは本当に助かった。

練習は、好きじゃなかったし、さほど上手くもないけど、単純にボールを蹴るのは好きだった。今思えば、サッカーは本当に良いストレス発散の方法だった。

大して仲良くも無いやつらと一緒の教室に集められて、おんなじ行動をしなきゃいけなかった高校までの学生時代は、すごく疲れるものだった。

 

それに対して、個人で動ける大学はすごく楽だし、大学の勉強はすごく面白い。知りたいことを選んですることができる。個人行動大好き。

とはいえ、誰かと協力する力ことは、社会に出たときに一番大事な力だと思う。

個人で行動する力は割とある方だと思うから、みんなで協力する力を身につけないといけないなあ。

 

1年生のころは、他の人と関わらなきゃいけないなんて考えてなかった気がする。

変化、よく言えば成長、かな。

来年の俺は何を考えてる?

 

今日はいつも以上に文章にまとまりがない気がする。だからってなんだってんだ。クソくらえ。

いちねんせいのはんせい。

大学2年生も始まったし、大学1年生の出来事をふりかえってみる。

 

1年で100冊読破。

まあ、それなりに自分の意見が固まってきてる。

バイトを掛け持ち。

バイトを週6で入れて、語学を落単。

30万円貯めて自動車教習所に通う。

運転のセンスがないことに気付く。

掛け持ちのうちの一つを辞める。

サークル加入。行かなくなり脱退。

DT卒業。

楽して儲かると聞いてブログを始める。

めんどくさくなっててきとーに書くようになる。

文章書くのに抵抗がなくなる。

大学内じゃ割と優秀な方。

でも、飛び抜けてはない。

簿記三級取得。二級は二連続で落ちる。

六月には合格したい。

 

こーやって書いてみると意外とちゃんと大学生してんだなって思った。みんなとワイワイ騒ぐタイプじゃないけどね。一人で図書館に入り浸るなんていう、小説に出てきそうな主人公っぽい大学生活送ってる。あと、もう少しのセックスと不真面目さが加われば、村上春樹風の主人公の出来上がりだ。なんてね。

 

隠れ意識高い系ではあるので、もっともっと勉強がしたいと思う。今後の大学生活で経営学会計学、英語、ミクロ経済学統計学あたりを詰めていきたい。

特に経営学を学んで、バイトで応用してみたい。人の動かし方を社会に出る前に練習できるいい機会だ。ブラックバイトでもたまには役には立つものだ。

 

あと、海外に行きたい。今考えてるのはベトナム。お金がかかる。金が欲しい。ブラックバイトじゃ稼げない。どうしようか考え中。

 

今の収入も大事だけど、それよりやっぱり、社会に出てから稼ぎたい。そのために大学時代はネジを巻く。社会に出た時にゼンマイで前に進む力を得たいのだ。

金が欲しいのだ。それなりに稼ぎたいのだ。短い時間でパッと稼いで残りの時間はノンビリするのだ。そのために優秀なビジネスマンになりたいと、思う。

 

多分このままいくと今の彼女と結婚すると思う。彼女は結婚してからも確実に忙しく働くだろう。男が外で稼いで女が家を守る時代は終わった。俺が仕事をサッサと終わらせて浮いた、ノンビリ時間で家事なり育児なりをこなせればいいな、なんて事も思う。

 

まあ、単純に大学の勉強が好きなだけかも知んないけど、とりあえず、頑張ろ。

 

本も読む。今日はコインロッカーベイビーズを読んだ。次は、カラマーゾフ